• 〒116-0012 東京都荒川区東尾久6‐8‐5
      • 03-3895-8341
03_20160505112958967.png 01.png 04_20160505112958966.png 02.png

当院では新型コロナウィルス感染症疑いの患者様の診療・検査等を行っております。
発熱等、疑わしい症状のある方は先ずお電話にてお問い合わせください。

マスク着用のお願い

来院・診察時は必ずマスク着用をお願い致します。
お忘れの方は1枚50円にて販売しております。受付にお申し出ください。
※マスク着用の無い場合は診察出来ませんのでご了承ください。

年末年始休診のお知らせ

12月28日(水)〜1月4日(水)まで休診とさせていただきます。

発熱外来の時間変更について

感染状況を鑑み、発熱外来の時間を従来通りに戻します。尚、必ず事前にお電話でご予約をお願いします
 ・午前診療 午前 11:30〜
 ・午後診療 午後 5:30〜


 
 
7月 月下美人
 

12月。コロナ・インフルエンザ同時流行の兆し

寒さによる換気の悪さ、イベント・行事の多さ、皆様の疲労などが重なってか、いよいよ同時流行が始まっております。
これを書いている12月初めには、コロナ第8波の増加スピードは鈍っているものの、インフルエンザA型が増えてきております。自分を守る、家族や大切な人を守るために基本的な予防策の徹底とワクチン接種をご検討ください。

  • ※オミクロン株対応新型コロナワクチン接種についてこちら
  • ※インフルエンザワクチン接種についてこちら

AED(自動式体外除細動器)の設置について

当院ではすでに平成16年から設置しておりましたが、このたび新機種に変更いたしました。


防犯カメラの設置について

患者さんの安全・安心のために待合室・玄関・駐車場等に防犯カメラを4台設置しました。 あくまで防犯目的で個人情報は固く守りますのでご安心下さい。


お知らせ 

マスク着用のお願い

来院・診察時は必ずマスク着用をお願い致します。お忘れの方は1枚50円にて販売しております。受付にお申し出ください。

マスク着用の無い場合は診察出来ませんのでご了承ください。

「発熱外来」設置に伴う診療時間の変更について

発熱患者さんへの診療対応のため、当面は診療時間を下記のように分けさせていただきます。ご了承下さい。(今後の状況により変更する場合があります)

午前診療 一般外来  午前 8:30 ~ 11:20
発熱外来  午前11:30 ~(電話予約制)
午後診療 一般外来  午後 3:00 ~ 5:20
発熱外来  午後 5:30 ~(電話予約制)

抗原検査キットの活用について

東京都福祉保健局感染症対策部から令和4年11月18日付けで下記のリーフレットが発表されました。(東京都福祉保健局感染症対策部のWebサイトにリンクします)

  • 都民向けリーフレット(重症化リスクが高い方・小学生以下の方)こちら
  • 都民向けリーフレット(重症化リスクが低い方)こちら

持病のない中学生から64歳までの方は、先ずはご自身で抗原検査キットを用いて調べてください。国が承認した抗原検査キットは薬局、ドラッグストア、ネット通販等で入手可能です。

※当院前の「さぜ薬局」でも入手可能ですさぜ薬局のWebサイトはこちら
 ・コロナ抗原定性検査キット(鼻用)3,400円(税込、2セット代)
 ・コロナ抗原定性検査キット(唾液用)1,700円(税込、1セット代)
※今後コロナとインフルエンザの同時判定キットも発売予定(金額未定)とのことです。

また、既に新型コロナを疑う症状がある方や無症状の濃厚接触者向けには、東京都検査キット直接配送事務局が配布を行っています。こちら

年末年始休診のお知らせ

12月28日(水)〜1月4日(水)まで休診とさせていただきます。

オミクロン株対応ワクチン接種について(完全予約制)

3・4回目接種を受けていない60歳以上の方等の接種を実施します。

  • 接種開始日:10月1日(土)~ 毎週土曜日の午前診療後
    ※オミクロン株対応ワクチン接種券が届くまでは、3・4回目接種の接種券で接種可能です。
  • 対象:3・4回目を受けていない、次のいずれかに該当する方
    1. 60歳以上の方
    2. 18~59歳で、基礎疾患がある方、そのほか重症化リスクが高いと医師が認める方
    3. 医療従事者等の方
  • 使用するワクチン:オミクロン株対応ワクチン
    (ファイザー社:コミナティRTU筋注 2価:起源株/オミクロン株BA.4-5)
  • 予約方法:電話(月・火・木・金の午後0:30~2:30の間にお願いします)

当院では、接種を土曜日の通常診療後(午後1:30頃から)に行います。
尚、予約受付時間は、水曜日を除く平日の 午後0:30~2:30 の間です。それ以外の時間帯での受付はできません。
ご協力をお願い致します。 

インフルエンザワクチンについて(予約不要)

荒川区では高齢者等インフルエンザ予防接種の費用を助成します。

  • 接種期間:10月1日(土) ~ 令和5年1月31日(火)
  • 対象:次のいずれかに該当する方
      1.  65歳以上
      2.  60~64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能の障害があり、身体障害者手帳1級または同程度の障害がある
    • ※ 年齢は令和4年12月31日現在
    • ※ 接種日にそれぞれの年齢に到達していない場合は接種できません
  • 自己負担額:無料
  • 接種方法:9月末に送付したインフルエンザ予防接種の予診票と、同封の案内に記載している書類を持参
  • 接種日:当院診療時間内

上記以外でインフルエンザワクチン接種を希望される方へ

  • ※6か月から15歳の方や受験生は2回接種をお勧めします
  回数 費用
6か月~3歳未満の方 1回目 2,500円
2回目 2,500円
3歳~65歳未満の方 1回目 3,000円
2回目 3,000円
65歳以上の方 1回目のみ 2,500円
2回目 3,500円
(昨年度と同様です)     
 
※ご注意:
あらかわ区報には「新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時に接種できます」となっておりますが、当院では混乱や間違いを防ぐ意味や、副反応が出た際の判断等から別々に行います。その場合、それぞれの間隔は2週間以上あけることとします。

小児(5〜11歳)接種の予約開始
(集団接種会場)

荒川区でも小児の新型コロナワクチンの個別接種を実施しております。あいにく当院では行っておりませんが、詳しくは荒川区のホームページをご覧ください。こちら

ご 参 考

うちさぽ東京(自宅療養サポートセンター)のご案内

  • 東京都は、新型コロナウィルス感染症の陽性患者のうち無症状・軽症で、重症化リスクの少ない方には、ご自身で健康観察をお願いしています。
    • 対象者:
      • ・自宅療養中で体調に不安がある方
      • ・食料品やパルスオキシメーターの配布を希望する方
      • ・医療面・健康面以外での一般的な相談がある方 等
    • 電話窓口:0120-670-440
    • 受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日を含む。)
    • 対応言語:日本語の他、11か国語
    • 「うちさぽ東京」Webサイトはこちら

5回目接種について

    • 荒川区 新型コロナワクチン接種特設サイト「オミクロン株対応ワクチンの接種を希望する方へ」こちら
    • 厚生労働省「追加接種(令和4年秋開始接種についてのお知らせ」こちら

小児接種について

    • 荒川区 新型コロナワクチン接種特設サイト「小児(5歳から11歳まで)の新型コロナワクチン接種」こちら
    • 厚生労働省「5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」こちら

診療カレンダー 

12月

        1 2 3
午後休診
4 5 6 7 8 9 10
休診 休診 午後休診
11 12 13 14 15 16 17
休診 休診 午後休診
18 19 20 21 22 23 24
休診 休診 午後休診
25 26 27 28 29 30 31
休診

年末年始休診

年末年始休診

年末年始休診

年末年始休診

※12月28日(水)〜1月4日(水)まで休診とさせていただきます

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7

年末年始休診

年末年始休診

年末年始休診

年末年始休診

午後休診
8 9 10 11 12 13 14
休診

休診

成人の日

休診 午後休診
15 16 17 18 19 20 21
休診 休診 午後休診
22 23 24 25 26 27 28
休診 休診 午後休診
29 30 31        
休診        

受診のご案内 

診療科目

内科・小児科

休診日

水曜日、土曜日の
午後、日祭日

診療受付時間

午前

8:30~11:30

(診療時間は 8:40~12:00)

午後

14:45~17:45

(診療時間は 15:00~18:00) 

診療科目

内科・小児科

休診日

水曜日、土曜日の 午後、日祭日

診療受付時間

      • 午前 :8:30~11:30
      • (診療時間は 8:40~12:00)
      • 午後 :14:45~17:45
      • (診療時間は 15:00~18:00) 

外来担当医

(2021年4月1日現在)
 
午前 休診 院長 院長 休診 院長 院長 院長
午後 休診 院長 院長 休診 院長 加茂医師(※) 休診
※ 加茂雄大医師(東大循環器内科出身、現在は朝日生命成人病研究所附属病院循環器内科 部長)

医院のご紹介 

 

院長ご挨拶

院長 小 原 共 雄

新築してから、十九周年を迎えました。気持ちの良い医院を目指して参りますので、ご意見・ご要望などございましたら、どんどん仰って下さい。宜しくお願い申し上げます。

概 要

*正式名称:

  • 医療法人社団 六瓢会(むびょうかい)小原医院
    平成9年2月19日設立衛医医認第4796号認可

*設立代表者 小原 共雄
* 住所:〒116-0012 東京都荒川区東尾久6-8-5
* 電話番号:03-3895-8341
* 所管保健所名:荒川区保健所
* 管理者:
  ○ 氏名 小原 共雄

    • 昭和58年 順天堂大学医学部卒業
    • 平成元年 順天堂大学医学部大学院卒業
      • 日本内科学会 認定総合内科専門医
      • 日本感染症学会 専門医・指導医
      • 日本感染症学会 インフェクション コントロール ドクター(ICD)
      • 日本呼吸器学会 専門医
      • 日本旅行医学会 認定医
      • 日本医師会 認定産業医
      • 日本医師会 認定健康スポーツ医
      • 東京女子医科大学附属足立医療センター 小児科 二木会会員
      • 日本東洋医学会会員

 施設紹介

(写真は こちらからどうぞ)
  • *駐車場 (5台収容)
  • *身障者用トイレ 設置
  • *入り口から受付まで「点字ブロック」装備
  • *スロープを装備していますので、階段を使用せず入館いただけます

沿 革

  • 昭和24年2月4日
    • 小原常吉 小原医院を開設
  • 平成元年8月26日
    • 小原常吉死去に伴い、小原共雄が同医院を継承
  • 平成9年2月19日
    • 医療法人社団 六瓢会 小原医院設立
  • 現在に至る 

 

2003年5月。
40年以上使用していた建物を建て替えました。
それと同時にロゴマークも一新。
気持ちも新たに地域医療に貢献して参ります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 

駐車場

5台分の駐車スペースを確保しました(内1台は車椅子の方優先) 
 
 

スロープ

スロープがついており車椅子の方にも無理なくご利用いただけます
 

入り口から受付まで

点字ブロックを敷設。床の段差もなくしました
 

エレベーター・車いす用トイレ

エレベーターに加え、車椅子でもご利用いただけるトイレを装備
 

トイレの設備

男性用、女性用共に、トイレには手すりや非常用のボタンなどを設置しています
 

ベビーベッド

女性用トイレにはベビーベッドをご用意しました
 

レントゲン室

レントゲン室にも車椅子のまま入っていただけます 
 

スペースをゆったりとり、吹き抜けで開放感のある待合室

 

吹き抜けの上には天窓を配し、そこから、明るくやさしく、陽光がふりそそぎます。

 
小原医院 待合室 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

〒116-0012
 東京都荒川区東尾久6-8-5
* 電話番号 : 03-3895-8341


お薬検索

https://www.rad-ar.or.jp/index.html
一般社団法人 くすりの適正使用協議会が開いている、お薬の情報サイトです。
お薬の使い方や処方された処方されたお薬の検索もできます。
 

荒川区医師会

http://www.arakawa-med.or.jp/
荒川区医師会の公式ページです。休日診療医療機関等を調べるのにご利用ください。
 

順天堂医院

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/
順天堂大学医学部附属病院の公式サイトです。
通院される際には診療時間等をご確認ください。
 

東京都立駒込病院

https://www.tmhp.jp/komagome/
がんや感染症で定評のある都立駒込病院の公式サイトです。
 

東京女子医科大学附属足立医療センター

https://twmu-amc.jp
「東京女子医科大学東医療センター」は2022年1月1日に移転し「東京女子医科大学附属足立医療センター」と名称も変わりました。新たな場所は、日暮里・舎人ライナー江北駅西口から徒歩7分の所です。 
 

日本医科大学付属病院

https://www.nms.ac.jp/hosp/
1993年に全国で第1号の「高度救命救急センター」認定を受けるなど、救急医療には定評があります。

 
 
PageTopへ